仮想通貨リップルの購入方法(買い方) おすすめの取引所は?

TOP画像


ビットコインで資産運用 > 2018年仮想通貨の種類とおすすめランキング > リップル

仮想通貨リップルの購入方法(買い方) おすすめの取引所は?

リップルの特徴

リップル(Ripple)は2018年8月21日時点で、ビットコインとイーサリアムに次ぐ時価総額第3位の仮想通貨です。
2013年11月に発行された仮想通貨で、2018年11月で5才ですね。

リップルはもともと銀行間の送金手数料を安くすることを目的に作られました。
そのため、送金コストは他の仮想通貨に比べて格段に安く、送金にかかる時間も数秒です。

このような特徴を持つリップルは、日本をはじめアメリカ・イギリス・タイ・インドネシアなど世界で50以上の中央銀行で採用されています。

また、値崩れを起こしにくいように、発行上限も1000億XRPと決まっています。
そのため、将来性が期待される仮想通貨の1つです。


リップルの購入方法は5種類

リップル(Ripple)の購入方法は以下の5種類です。

リップルの購入方法 一覧
購入方法 説明
リップル
販売所で購入
おすすめ
リップル販売所が決めたレートで売買
リップル
取引所で購入
おすすめ
株の売買のように買う人と売る人が注文し、合致したレートで取引
リップル
をもらう
誰かからリップルを譲ってもらう
OTC取引 OTCはOver The Counter(オーバー・ザ・カウンター)の略で、
リップルユーザー同士で売買する方法
採掘
(マイニング)
コンピュータを使って、リップルの新規発行を行う行為

ただし、以下の方法

ということで、リップルの購入方法として、現実的ではありません。
そのため、リップルの購入方法としてのおすすめは、販売所・取引所での購入となります。

なお、販売所と取引所の違いについてはこちらです
取引所と販売所の違いを比較


リップル購入時の売買手数料

リップルの購入時には、売買手数料がかかります。
売買手数料は
スプレッド:買値と売値の差
取引手数料:取引ごとに業者に払うお金
の合計です。

販売所の往復売買手数料は、購入するリップル価格の5%です。
一方、取引所の往復売買手数料は、購入するリップル価格の0.2%~0.6%です。

詳しくはこちらです
リップル取引所・販売所の売買手数料(スプレッド+取引手数料)を比較


リップルの最小購入単位

リップルの最小購入単位は、販売所・取引所によって違います。
0.0001XRP~100XRPで、日本円にすると0.03円~3000円が最小購入単位です。
多くの人にとって、入手しやすい金額ですね。

詳しくはこちらです
リップル(Ripple)取引所・販売所の最小取引単位を比較


リップルの購入におすすめの販売所・取引所は?

リップル販売所の売買手数料 比較表
販売所名 取引形態 合計売買手数料
(往復)
最小購入単位
GMOコイン 取引所 取扱いなし 取扱いなし
販売所 購入価格の5% 30XRP
DMM bitcoin 取引所 取扱いなし 取扱いなし
販売所 購入価格の5% 100XRP
BITPOINT
(ビットポイント)
取引所 購入価格の0.5% 0.01XRP
販売所 取扱いなし 取扱いなし
BitTrade
(ビットトレード)
取引所 購入価格の0.6% 0.0001XRP
販売所 取扱いなし 取扱いなし
Liquid by Quoine 取引所 購入価格の0.3% 0.0001XRP
販売所 取扱いなし 取扱いなし
bitbank
(ビットバンク)
取引所 購入価格の0.3% 1XRP
販売所 取扱いなし 取扱いなし
bitFlyer
(ビットフライヤー)
取引所 取扱いなし 取扱いなし
販売所 購入価格の2% 0.00000001XRP
BTCBOX
(BTCボックス)
取引所 取扱いなし 取扱いなし
販売所 取扱いなし 取扱いなし
Zaif
(テックビューロ)
取引所 取扱いなし 取扱いなし
販売所 取扱いなし 取扱いなし
フィスコ仮想
通貨取引所
取引所 取扱いなし 取扱いなし
販売所 取扱いなし 取扱いなし

※XRP:リップル
リップルの購入は、仮想通貨初心者であればGMOコイン販売所をおすすめします。
販売所は、手数料が取引所よりも高いのですが、購入相手がGMOコインのため、注文は必ず通ります。

GMOコイン

GMOコイン ・仮想通貨販売所でリップルを取り扱う業者
・セキュリティが高く安心して取引可能
・日本円・リップルでの入出金手数料がともに無料
・最小取引単位は30XRPと少額取引にも対応
・最短で翌日から取引可能
・口座開設、口座維持料金とも0円で、口座開設にお金がかかりません

GMOコインの基本情報
取扱い
仮想通貨数
取引形態 1XRPあたり
売買手数料
最小取引単位 2段階認証
全額分別管理
5種類 販売所
FX
7.48円
※販売所
30XRP
※販売所

クイック入金
手数料
日本円
出金手数料
リップル
送金手数料
口座開設料金
口座維持料金
無料 無料 無料 無料

詳細はGMOコインの公式サイトでチェックしてください。

一方、仮想通貨投資の経験者は売買手数料が安い取引所での取引をおすすめします。
その中でも、bitbankはリップルの売買手数料が安く、購入単位も最小です。


bitbank

bitbank・リップル(Ripple)の取引単位が1番小さい交換業者
・他の仮想通貨交換業者よりも手数料が安め
・取引所とFXで取引可能
・投資家の資金は全て分別管理で、セキュリティも万全
・口座開設、口座維持料金とも0円で、口座開設にお金がかかりません

bitbank(ビットバンク)の基本情報
取扱い
仮想通貨数
取引形態 1XRPあたり
売買手数料
最小取引単位 2段階認証
全額分別管理
5種類 取引所
FX
無料
※取引所
0.0001XRP
※取引所

クイック入金
手数料
日本円
出金手数料
XRP
送金手数料
口座開設料金
口座維持料金
クイック入金不可 540円(3万円未満)
756円(3万円以上)
0.15XRP 無料

詳細はbitbankの公式サイトでチェックしてください。


リップルを購入するベストなタイミングは?

下の図は、リップルの2017年6月からのチャートです。
見てお分かりのように、2018年前後に急激に上昇後、上昇前のレートに戻っています。


このように、非常に不規則な値動きで、いつ上昇するかわからないのが現状です。
リップルは、今後も世界の銀行が採用していく予定で、その価値は上がっていくことが予想されています。

ただし、相場が上下に急変することもありえます。
そのため、タイミングを見計らって購入するよりも、毎月一定額を積み立てていく購入法が、高値掴みを防げます。


仮想通貨の購入方法
仮想通貨の種類とおすすめランキングに戻る

ビットコインの購入法

ビットコイン販売所・取引所

ビットコインFX業者

ビットコインの投資法

ビットコイン業者一覧

仮想通貨の種類

仮想通貨取引所・販売所を比較

仮想通貨FXを比較


仮想通貨専門用語
Copy Right ビットコインで資産運用Co.,Ltd.
当サイトについて | 運営者情報 | 利用規約 | プライバシーポリシー

page top