仮想通貨とは?仕組みやメリット・デメリットをわかりやすく説明!

TOP画像


ビットコインで資産運用 > 仮想通貨とは?

仮想通貨とは?仕組みやメリット・デメリットは?


仮想通貨とは

簡単に言うと「実物がなく触れないけど、価値があるお金」です。
実物がないってどういうこと?と思われるかもしれません。

でも、オンラインゲームやスマホアプリでも、実物がなく触れない「ゲーム内通貨」を使用して、アイテムを購入したりキャラクターを強化しますよね。

仮想通貨はゲーム内通貨と同じように、実物がなく触れません。
でもゲーム内でしか価値がないゲーム内通貨と違い、多くの人が仮想通貨に価値があると思っています。

では、なぜ多くの人が仮想通貨に価値を置く(=信用している)のでしょうか?
その理由は下の3つです。

1.誰も偽造できない
仮想通貨は特殊な技術(ブロックチェーン)によって、取引する全員が過去の取引記録を確認できます。仮想通貨の偽造は、紙の紙幣を偽造するのとは比べ物にならないくらい困難です。

2.特定の国や企業の思惑に左右されない
ドルや円など各国の通貨は、世間に出回るお金の量を、政府が意図的に増やしたり減らしたりできます。一方仮想通貨は、誰かが意図的に発行量を増やしたり、減らしたりできません。
仮想通貨は「どの国・企業にもコントロ-ルされない」ため、信用されています。

3.発行量が制限されている
仮想通貨によっては、発行上限が決められているものもあります。
そのような仮想通貨は、希少価値が高いとみられています。

他にも利用店舗が増え続けているなどありますが、特にこれら3点により、仮想通貨の価値が上がっていく仕組みです。


仮想通貨の時価総額(市場規模) どのくらい取引されている?

下の図は仮想通貨の時価総額をチャートで示したものです。
2017年1月1日は177億ドルだった時価総額が、2017年12月31日には5651億ドル(約62兆円)と、1年間で約32倍に膨れ上がっています。
東京証券取引所の時価総額(2017年12月末)が674兆円で、仮想通貨はその約9%です。

2017年 仮想通貨の時価総額 推移チャート

ちなみにドル・ユーロ・円などの各国通貨全体の1日の取引量は、下表のように推移しています。

1日の為替取引量 推移
2004年 2007年 2010年 2013年 2016年
取引量 1934億ドル 3324億ドル 3971億ドル 5345億ドル 5067億ドル

一方、仮想通貨の1日の取引量は392億ドルです。(2017年12月31日時点)
2016年の為替取引量と比較すると、約8%の取引量です。

そのため、仮想通貨の取引量は、まだまだ増える余地があります。

また、仮想通貨の保有目的は多くの方が「投資」と挙げています。
そこで、ほかの投資対象とリスク・リターンを比較しました。


仮想通貨のリスク・リターンをほかの投資対象と比較


リスク・リターン比較表

リスクの順位
仮想通貨 > FX > 株式投資 > 投資信託 > 定期預金

リターンの順位
仮想通貨 > 株式投資 > FX > 投資信託 >定期預金

仮想通貨は、他の投資対象と比較するとリスクが高めですが、その分リターンも高くなります。


仮想通貨投資のメリット・デメリット

仮想通貨のメリット・デメリット
メリット デメリット
・今後も価値が上がる可能性がある
・決済対応店舗が増え続けている
・銀行決済に比べ手数料が安い
・おすすめできない仮想通貨もある
・値動きが激しい
・取引所がハッカーに攻撃される恐れがある

デメリット1:おすすめできない仮想通貨もある
仮想通貨は3000種類以上あるといわれています。そのため、取引量が著しく少ない仮想通貨や、海外のサイトでしか購入できないマイナーな仮想通貨はあまりおすすめできません。

デメリット2:値動きが激しい
例えばドル円だと年間平均変動率は15%程ですが、
仮想通貨の中で1番流通量が多いビットコインでも、2017年は価格が20倍以上になりました。

デメリット3:取引所がハッカーに攻撃される恐れがある
2018年1月26日、仮想通貨交換業者であるコインチェックは、ハッカーからのハッキングを受け、ネムという仮想通貨を盗まれました。


メリット1:今後も価値が上がる可能性がある
2017年、仮想通貨の代表格であるビットコインの価値は、20倍以上に上がりました。
ビットコインだけではなく、そのほかの仮想通貨も価値が上がっています。
仮想通貨の取引はまだ始まったばかりですので、今後も上がり続けていく可能性があります。

メリット2:決済対応店舗が増え続けている
ビックカメラ・コジマ・H.I.Sなどの実店舗で取り扱うことが可能で、仮想通貨対応店舗は増え続けています。(2018年3月7日時点で307店)

メリット3:銀行決済に比べ手数料が安い
銀行振り込みの場合、手数料は数百円かかりますが、仮想通貨であれば無料から数十円と圧倒的に安い手数料で送金できます。


仮想通貨投資のデメリット解消法

先ほど、仮想通貨へ投資する際のデメリットを3つ挙げました。
ただ、大事な資金ですので、なるべくならリスクを減らして大きなリターンを得たいものです。

そこで、仮想通貨投資のデメリット解消法を紹介します。

デメリット1:おすすめできない仮想通貨もある
解消法:今一番時価総額が多いのは「ビットコイン」という仮想通貨です。
まずは、仮想通貨で一番メジャーな「ビットコイン」に投資することをおすすめします。

デメリット2:値動きが激しい
解消法:値動きが激しい投資対象には時間分散投資がおすすめです。
月に1回など、等間隔で投資していくことで、値動きの荒さも味方につけることができます。
詳しくはこちらです→ビットコインの積立投資

デメリット3:取引所がハッカーに攻撃される恐れがある
解消法:セキュリティに力を入れている業者を利用します。また、盗難補償もついている業者だと、さらに安心できます。
詳しくはこちらです
ビットコイン取引所・販売所のセキュリティ(安全性)を比較
ビットコイン取引所・販売所の盗難補償(保証・保険)制度を比較

これらのデメリット解消法で、なるべく安全に大きなリターンを狙いに行きましょう。


関連記事
仮想通貨の種類とおすすめランキングに戻る

ビットコインの購入法

ビットコイン販売所・取引所

ビットコインFX業者

ビットコインの投資法

ビットコイン業者一覧

仮想通貨の種類

仮想通貨取引所・販売所を比較

仮想通貨FXを比較


仮想通貨専門用語
Copy Right ビットコインで資産運用Co.,Ltd.
当サイトについて | 運営者情報 | 利用規約 | プライバシーポリシー

page top